チョコタン家

〜トイプードル・チョコタンと家族の日々〜
最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

バックナンバー


そして、やって来た!

先日、ELLYさんがコメント欄に寄せてくださった
「チョコタンを迎えた経緯は?」という何気ない書き込みに
このネタいただきときめきと 食いついた私。
ということで、チョコタンを迎えた経緯を・・・

時計 時計 時計

かねてからの念願だったワンとの生活に向け、
現在のペット可マンションに転居してから、
ショップやネットなどを覗いて、1年ほどかけて探しました。
でも、ブリーダーさんから入手するということも考えず、
犬の性質や特徴といった一番大事なことも全く調べませんでした。
今思えば、無謀であったと反省してます。
主人は元々トイプードルに興味があったのですが、
私は、全く興味が無く、むしろハイソな感じで、
ウチには合わないなぁと思っていたくらい。
私は、狆かキャバリアを探していました。

ある日、よく覗いていたショップでチョコタンに出会いました。
なぜチョコタンに目が行ったか・・・
それは、他のトイプーに比べて、とても安かったから汗
そして、もう1ワン、もっと安いキャバリアもいました。
両方を抱っこさせてもらいました。
どちらとも可愛いラブラブ そして、結構安い嬉しい
そこで、店員さんにいろいろお話を伺っていくうち
こんなに小さいキャバリアが、結構大きくなるということが判明。
やがてお店にやってきた大人のキャバリアを見てびっくりびっくり
穏やかで人懐っこいんだけど、7前幣紊砲呂覆襪箸里海箸巴杷亜
一方トイプーは、3〜4舛らいということでした。
そして、店員さんは「この子、お顔がとっても可愛いでしょう!」
と 連発していました。
どこを見てもショップ内は可愛い子犬だらけ、
この子のどこが特別なのか わからない私。
「ほら〜ホントに、可愛い顔しているでしょう!」と まだ言ってる。
だんだん、専門家から見ると可愛いのかな?という気にさせられる。
何より、安い! どうしよう、どうしよう・・・
悩んだ結果、1週間後に契約、さらに翌週我が家へやってきました。

そして1年後、決め手の一つだった体重は5繕瓩になり、
小市民の我が家色に染まって、ハイソのかけらも無く
店員さんがアピールしていた特別可愛い顔は、こんな↓

  なんだよっ!
育てたように、育ってくれた、ということになるんですネ悲しい


書いた人 チョコタン家 | comments(6) | - |



カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2006 >>

Link

Profile

QRコード