チョコタン家

〜トイプードル・チョコタンと家族の日々〜
最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

バックナンバー

<< あらしの前に | main | 犬語と人語 >>

無駄を楽しむ

チョコタン家の住んでいるマンションにあるペットクラブは
2ヶ月に1度くらい、会報が発行されます。
今回の会報は、盲導犬クイールを訓練されたという
盲導犬訓練士の多和田先生の講演会の報告でした。
人と犬との関わりについて、先生のお話は
私にとっては初めて聞く内容だったので、記事にしました嬉しい

犬 犬 犬

日本での人と犬の歴史は、犬を家畜化したことが始まりだそうです。
その関係では、人は「強さ」によるリーダーシップをとってきました。
しかし、現在、犬は家畜ではなく「家族」になり、
飼育ではなく、家族の一員として共に暮らす、という関係になりました。
その関係に必要なのは、強さや恐怖心で従わせることではなく、
「尊敬と愛」に基づき、共に暮らすことだそうです。
犬は、人が怖いから、強いから従うのではなく、
飼い主のことが好きだから従う、それが大切なことなんだそうです。

犬は一緒に暮らすもの、本当のリーダーシップは尊敬と愛によるもの
先生の考える人との犬の関係は、とても理想的だと思います。

犬と暮らすということは
無駄な楽しみ、無駄を楽しむ、それを無駄だと思わないこと
だそうです。 何だかステキな表現ですよね!

  ぼくとの無駄、楽しんでる?

先生のお話は、共感できることばかり。
また、次回へ続きます・・・


書いた人 チョコタン家 | comments(4) | - |




コメント

とっても素敵な先生ですね・・・・。
クイールのお話はTV版も映画(DVD)も見ました。
「GOOD BOYやで!」 「GO STRAITやで!」
って言うその優しい言い方が好きでした。
だから、ウチはチョコタンを褒める時に「GOOD BOY!
」って言うのです。
尊敬と愛。 うん。とっても素敵です。
感謝・尊敬・愛・・・忘れずに一緒に暮らしていきたいです。
ホリスティックケアーの教室でも、
「マッサージしてやる」ではなく「させてもらってる」と考えようと教わりました。
やはり、尊敬と愛、感謝の気持ちが大事だそうです。
素敵なお話をありがとうございました!
続きを楽しみにしていま〜す!!
K-tan | 2007/03/07 11:29 PM

とってもいいお話でした(*^-^*)
そうですよね、怖さが理解できて従えるのなら
優しいことも理解できるってことですもんね。
もちろん、この人が大切っていう気持ちも。
ワンちゃんて本当に賢い生き物です。
アリアスと出会えて無償の愛情ってものを
もう一度堪能してます♪
私もチョコタン家さんのお話の続き…
すご〜く楽しみにしてますね♪
noringo | 2007/03/08 12:05 AM

K-tan さま
実は、私、クイールの映画見たことないんです^^ゞ
(DVDに録画してあるので、早急に見ま〜す。)
「GOOD BOY!」って褒められてるのね、チョコタンくん。
ウチは「オリコ(ウ)ワン!」です、なぜか^^ゞ
尊敬と愛のもと、たくさん褒めて
いつまでもいい家族でありたいですね〜^^
チョコタン家 | 2007/03/08 9:38 AM

noringo さま
なるほど、怖さが理解できるなら優しさだって・・・
本当にそのとおりですね!
優しさに包まれていないと、悪いことをして叱っても
かえって理解してもらえないかもしれないです。
無償の愛・・・いいですね^^
母の愛は無償の愛、無償の愛は神の愛、母の愛は神の愛
昔、倫理の時間に習いました♪
母は神かな?愛情あふれる神でありたいものです^^ゞ


チョコタン家 | 2007/03/08 9:43 AM


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Link

Profile

QRコード