チョコタン家

〜トイプードル・チョコタンと家族の日々〜
最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

バックナンバー

<< 昨日のぼくと今日のぼく | main | みなさま、ありがとう! >>

ありがとう、マル!

昨日、午前11時半ごろ、
実家の犬:マルが永眠しました。
享年15歳でした。

最近、急に衰弱してきた様子を聞いていたので電話をしたのですが
マルの声を聞いて、一旦電話を切って
しばらくしてからのことだったようです。
ほとんど吠えることのなかったマルの声を聞けたのも
虫の知らせ、ということだったのかもしれません。

時計 時計 時計

私が実家を離れ、入れ替わるようにしてもらわれてきたのは
マルが3歳の時でした。
それからずっと母は、マルと一緒でした。
マルは犬が苦手で、母の友人がオトモダチで
お茶飲み会などにいつも同行し、可愛がってもらっていたようです。
5,6年前、ひどい病気になり、何度も生死の境をさまよいました。
つらい治療に勝ち、2回も横浜に遊びに来てくれました。
晩年は、目が見えなくなったせいもあり、散歩に行きたがらず
足腰が急激に弱っていきました。
父の入院も重なり、一人でお留守番の時間が増え
寝てばかりの生活になってしまいました。
それでも、私が最後に会った今年の夏は、まだ食欲があったのですが
最近はヨーグルトとお水以外受け付けなかったようです。

最期は、大好きな母に抱っこされ、背中を撫でられながら
眠るように息を引き取ったというマル。
一人お留守番の時間でなくて本当によかった、と母と話しました。
母の友人でありマルのオトモダチが、昨夜は集まりお通夜を
今日は斎場まで出向き、お別れをしてくださるそうです。
私は、とても幸せな最期だと思っています。

昨夜、夫が「マルくんへ・・・」とお花を買ってきてくれました。
夫も私もマルが大好きでした。兄夫婦も大好きでした。
現在、兄夫婦はラブラドールを、ウチにはチョコタンを迎えています。
マルが、犬との楽しい生活を教えてくれたのです。
思い出すと涙が出てきます。悲しい気持ちになります。
でも、最後は、感謝の気持ちでいっぱいになり、笑顔になりました。
「本当にありがとう、マル!」
でもでも、やっぱり涙がこぼれますね・・・

書いた人 チョコタン家 | comments(14) | - |




コメント

マルくん、どうぞ安らかにお眠りください・・・・・。
これからは痛みも病気もない世界で過ごせますように。
大好きなお母さんに抱かれて幸せの中で眠って旅立ったこと、
マルくんにとってその旅立ちも幸せの中だったこと、
そしてマルくんと家族の過ごしてきた時間のこと、
いろいろ想像して胸が熱くなります。
マルくんが虹の橋で幸せにすごせることをお祈りしています・・・。
K-tan | 2007/11/15 1:20 AM

実家のベッキーの時、マルちゃんの話を聞いて
どれだけ励まされたか…思い出されます。
マルちゃんも頑張ったんですね。
お母様の腕の中で安らかに逝ったマルちゃん…。
ベッキーも私の腕の中でした。
また『飼い主の腕の中で亡くなられるのはワンちゃんが幸せだった証拠ですよ』って言われたことが
次に進める一歩でもありました。

思い出がありすぎて
まだまだ心の整理はつかないと思うけれど
うちのベッキーとマルちゃんが
仲良く虹の橋で駆けっこしてるんじゃないかな。。。

noringo | 2007/11/15 9:21 AM

またまたご無沙汰してました・・。
ご実家のマルちゃんのお話は
チョコタンママからお聞きしていて
とても身近に感じていました。
マルちゃん、大好きなママに抱っこされて
きっとありがとの気持ちがいっぱいだったで
しょうね。
だってお写真のマルちゃんのお顔は
とても幸せそうだもの。
どうぞ安らかに・・・。
マルちゃんが結んだショコタンとの縁に感謝ですね。
いっぱい泣いていっぱい思い出してあげてね。

ゆっきー | 2007/11/15 11:10 AM

K-tan さま
シニア年齢になってひどい病気をさせてしまったので
マルにとって、晩年は痛みや体の不調との戦いの
毎日だったかもしれません。
なので、K-tanさんの言うとおり、今は楽になったかも。
思い返すと後悔ばかりです。こうすればよかった、と。
でも、最後、母に抱かれて旅立ててよかった。
そう思いつつも、涙がこぼれます。
あたたかい言葉をありがとう、K-tanさん^^


チョコタン家 | 2007/11/15 4:10 PM

お母様に抱っこされながら・・・ってマルちゃんに
とってはうれしい安らかな最後だったんでしょうね。。。
私が預かって飼ってた犬(ラク)は一人病院で
亡くなりました・・・それを思うと今でも
かわいそうで涙がでてくるんですよ・・・

でもきっと、きっと今はみんなで虹の橋を渡って
仲良く、楽しく遊んでるんでしょうね(^・^)

nabu | 2007/11/15 4:15 PM

noringo さま
マルが危ないと聞いて、ベッキーちゃんのことを思っていました。
旅立つまでの時間をもう止められないなら
ベッキーちゃんがnoringoさんに抱かれて旅立ったように
マルも母に抱かれたまま送り出してあげたい、と。
その願いは叶って、正直うれしかったです。
大好きだった母の友人にも見送ってもらって
荼毘に付されて無事実家に戻ってきたそうです。
白いトイプのベッキーちゃんていう子がいるから
ご挨拶をするようにマルの写真に伝えました。
4舛舛腓辰箸梁腓い狆のマルが行ったと思うので
ベッキーちゃんにもよろしくお伝えください!
食いしん坊だけど仲良くしてね!って^^
チョコタン家 | 2007/11/15 4:20 PM

ゆっきー さま
こちらこそ、ご無沙汰しています^^ゞ
そうですね、マルのお話をゆっきーさんにも聞いていただいていましたね〜
あと数時間後の旅立ちだったら、母は父の病院へ行き
一人お留守番の状態での旅立ちとなりました。
マルにとっても、母にとっても、一番幸せなお別れの形だったのではないかと思っています。
笑顔と涙と共に、たくさん思い出してあげようと思います^^

チョコタン家 | 2007/11/15 4:30 PM

nabu さま
ラクちゃんは、入院中に旅立ったんですね。
マルには、医療面でまだ何か出来たのではないか?
という思いが、実は私にはあります。
でも、ずっとそばにいた母が、もう入院はさせないというので
遠くに住む者が口だけ挟んでも仕方ないと我慢しました。
ならば、最期は母に抱かれて旅立ってほしい・・・
その願いは叶えられて、正直ほっとしました。
入院して生きる可能性を求めるのもひとつ
在宅で家族と共に最期を迎えるのもひとつ
いずれにせよ、これが最良だったのだ!とは思えず
かわいそうな気持ちになるのでしょうね。
マルは、noringoさんトコのベッキーちゃんと
nabuさんつながりのラクちゃんと
もう2人もお友達がいるんですね。
姉としても安心しました^^
チョコタン家 | 2007/11/15 4:42 PM

ここ数日は心配で大変だったんじゃないですか?
マルちゃんが息を引き取る時に、抱いていたお母様の気持ちを考えると本当に涙が止まらなくなってしまいました。

私も離れた実家の母が高齢のワンコを飼っています。可愛いがってるだけに、そのワンコを失った時の母の事を考えると、、、
近くに居てあげれないという事も心配や悲しみの一因になっているのかな。私もその時が来たら、実家から離れたここで、どうしてあげられるのかって本当に悩みます。

それにしても旦那様、素敵!我が夫がこんな気遣いを見せてくれるものだろうかと本気でムラムラしてしまいました。笑

元気なチョコタンと旦那様に力づけてもらって、元気出してくださいね!
お母様には元気を出してとは軽々しくは言えませんが、マルちゃんの話を聞いて涙したおばちゃんが居るよと伝えてください。。。
デイジーママ | 2007/11/15 5:43 PM

お悔やみ申し上げます・・・。
マルちゃんて、よくお話に出てきたよね〜。ニノも年老いたらマルちゃんのように玄関で用を足してくれたらいいなぁと思ったもん。
お母様の腕の中で旅立ったなんて、マルちゃんもお母様にも良かったね。
マロサマ、元気だしてね〜。。。
とも | 2007/11/15 8:42 PM

デイジーママ さま
ある程度覚悟しつつ、実家と頻繁に連絡をとってましたが
いざ訃報を受け取ると、涙があふれ出てきました。
デイジーママさんのご実家にも高齢のワンがいるんですね。
ワンちゃんのこともお母さまのことも心配ですよね。
私の実家も遠くてすぐに駆けつけることもできず
残された母のことが心配でなりませんでしたが
母の友人の方々が、すぐに支えてくださいました。

夫がお花を買って来たのには、びっくり@0@でした。
チョコタンを迎えて、優しくなったと思いますよ〜
それまでは、もう・・・^^;
デイジーパパさんも、きっと、ね!

励ましのお言葉、ありがとうございます。
母に、マルに、伝えさせていただきます!



チョコタン家 | 2007/11/16 12:35 PM

とも さま
とうとうマルが旅立っていきました。
私のワン世界はマルから始まったので
よくお話したかもしれませんね^^ゞ
これが正解!という最期はないのでしょうが
とりあえず母の腕から旅立てたので
よかったなぁと思っています。
ありがとう。。。元気出しますね^^
チョコタン家 | 2007/11/16 12:40 PM

いつかは来ることと頭の中では分かっている事だけれど、
やっぱりとっても悲しいし、淋しいですよね。
でも、大好きなお母様の腕の中で旅立っていけたのは、
しあわせなしめくくりが出来てよかったですね。

たくさんの愛情があった分、
お母様やお父様が気落ちしないで
マルちゃんとの楽しかった思い出話を
笑って出来る日が早くくるといいですね。
ELLY | 2007/11/17 4:38 PM

ELLY さま
マルの場合は、突然というわけではなく
徐々に弱っていっていたので、覚悟の日々でしたが
それでもやはりショックでした。
母に抱っこされて送り出せたのは
マルにとっても、母にとっても幸せだったと思います。
本当によかった、と思います。
母もお友達と思い出話をして、涙しているようです。
それでも、外に出しているのでいいかな、と思っています。
あたたかいお言葉、本当にありがとうございました^^
チョコタン家 | 2007/11/19 3:37 PM


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Link

Profile

QRコード